【驚愕】40代おっさんが腹部CTで内臓脂肪を測定した結果【写真あり】

昨日、内臓脂肪量を測定してもらうために、病院に行ってCTを撮ってもらいました。

ついでに健康診断も受けた結果、驚愕の事実が(笑)

 

いやー、若い若いと思ってるのは本人だけで、40こえると(どちらかというと50に近いのですがw)体はボロボロなんですね(苦笑)

 

というわけで、この記事では昨日ことについて詳細にレポートしてみたいと思います。

 

腹部CTで内臓脂肪測定をしてくれる近所の病院を探した

近所の病院に腹部CTを使って、内臓脂肪を測定してくれる病院が近所に1件だけありました。

大阪市旭区にある牧病院という病院で、HPで料金を調べると、3240円で測定してくれるとのこと。

 

しばらく健康診断もサボってたので、ついでに健康診断Bコースと合わせて前日に電話予約をしてみました。

 

牧病院(大阪市旭区)についての感想

牧病院のアクセス・外観

へんぴなところにありますw

待合室はこんなかんじ。

 

全体的な印象は、最新の施設では無いけれども清潔で、そこそこ賑わってるけど激混みではないという感じでした。

牧病院の人達はどんな感じか

医師、受付の人、看護師さん、すべての人が非常にフレンドリーですごく愛想がいいという印象でした。

 

コンビニ的な対応では無く、いわゆる古き良き商店街のような対応と言えばいいでしょうか?

 

暇になりがちな病院の待合室で、気軽に世間話できる感じで、大病院にありがちな「忙しい、私に話しかけないで」オーラとは真逆でした(笑)

 

料金について

私が受けたのは、健康診断Bコースに、オプションの「臍部CT検査」を付けました。

税込みで10,800円でしたので、HPに書いてあるとおりでしたね。

検診・人間ドック|来院のご案内|牧病院
http://www.maki-group.jp/maki/visit/kenshin.php

 

お願いしたのでCT結果のCD-R付けてくれるそうなんですが、これは料金に入ってないのですが、大丈夫なのでしょうか?

 

ちなみに、カードは使えないみたいなので現金を持っていったほうがいいです。

検査について

受付で、住所や連絡先などを記入。

保険は適用されないみたいなので、保険証の必要はありませんでした。

 

すぐに、検尿用のカップを渡されたので、尿を入れてトイレにある窓(病院ならではですね)に提出

最初の処置室で

待ち時間5分ほどで、受付の人に誘導され処置室へ。

ここでは「身長、体重、視力、聴力、心電図」を診てくれました。

 

10分程度で終了。

結果のレポートをもらえるのは後日のようです。

 

視力、聴力ともに問題無いと言われました。

レントゲン室

その後、地下のレントゲン室に移動。

胸のレントゲンを撮りました。

 

待ち時間、撮影時間ともに5分程度でスムースでした。

血圧&血液採取

その後、また1Fの処置室に行って血圧と血液の採取。

血圧が高い。と言われてしまいました(涙)

 

それまで、血圧で注意受けたことは無かったんですけどねぇ。。。

年齢を感じます。

 

あと、血を抜いているときに看護師さんに

「油は出てないみたいですねぇ。良かったですね」

と言われました。よっぽど肥満だと思われてたんでしょうねw

 

ひどい人は、抜いた血の上に膜が張るように油が浮くようです。

怖いですねぇ。。。

 

ここも待ち時間、撮影時間ともに5分程度でスムースでした。

腹部CT

次はとうとうメインの腹部CTです。

 

CTはやはり混んでいるみたいで、1時間後に来てくれとの案内が。

一度家に帰ってちょっとだけ仕事して、病院に戻りました。

この辺はタイミングによるみたいです。

 

ただ、そんなに混んでそうな感じではありませんでしたね。

【驚愕】先生の診断結果【ショック!】

CTが済み、内科に移動して5分ほどで中に通されました。

そこで、先生にショックなことをたくさん言われてしまいました・・・

 

自分への備忘録がてら、紹介していきます。

腎臓結石

いきなり、CTの写真をパラパラ見ながら

「腎臓に石が結構ありますねぇ」

と言われてしまいました Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

 

実は私は35の時からずっと痛風持ちで、たまに腎臓結石にもなるんですよね。

尿酸値が高いのが原因みたいです(診察の時点ではまだ尿酸値までは数値で出ていませんでした)

 

一昨年の夏(約一年半前)も、大きな石が一つ出てえらい痛い目にあいました。

その時の写真。こいつが出てくるまで、めちゃめちゃ痛かったです

 

「これが落ちてきたらまた痛そうですねぇ。。。」

って先生に言われました。

先生、優しい言葉遣いの割りには結構ドSなのかもしれませんw

心臓肥大・高血圧

また、CT写真を見ながら

「心臓も大きくなってるねぇ」って言われました。

血圧が高いのもこれが原因かもしれないとのことでした。

 

血管が細くなったり詰まったりすると、それだけ心臓のパワーが必要になり、肥大するそうです。

心臓は筋肉なので、鍛えると育つようです。

さすが先生。説明がわかりやすかったです。

 

「お腹の脂肪で押し上げられてるのかも」と言っておられたので、痩せて内臓脂肪が減ればこれも解決するのかもしれませんね。

右の腸に袋できてる。痛くなるかも

なにやら、右の腸に袋が出来ているとのこと。

これが進んで<大腸憩室炎>というのになると「結構痛いよー」と隠れドSな先生にびびらされました。

 

でも今のところは、とりあえず問題無いとのことでちょっと安心しています。

軽い脂肪肝

肝臓も診てもらいました。

うっすらと脂肪の影があり「軽い脂肪肝ですね」と言われましたが、それほど問題は無いとのこと。

痩せたら治るそうです。

【ヤバイ!】心臓の血管が詰まってる恐れ

で、先生曰く一番怖いのが心臓のなんちゃらという重要な血管につまりがあるとのこと。

このまま放っておくと、狭心症や心筋梗塞(いわゆる心臓マヒ)になるそうです(涙)

循環器系の大きな病院で一度検査した方がいいと言われました。

 

これ、ほんとショックでしたが、早い目に見つかって良かったと慰められました。

 

先生の言葉

「自覚症状が出てからじゃあ遅いからねぇ」

そりゃそうですけど、人ごとだと思って、、、(笑)

 

これが、一番ショックでした。。。

血液検査の分析

血糖値正常は正常とのこと。

糖尿病は嫌だったのでホッとしました。

 

ただ、肝臓の数値、悪玉コレステロール、中性脂肪がの数値が悪いそうです。

これらも肥満からくることが多いので、「痩せたら正常になると思うよー」とのことでした。

 

先生!痩せるのが難しいのですが!

内臓脂肪の現状

話しは前後しますが、CT写真をパラパラ診てもらって説明してもらっている最中で、今回のメインである内臓脂肪のことを聞きました。

メインのトピックになるので、あえて別トピックにしてみました。

【注目!】現時点での私の内臓脂肪の写真

内臓脂肪の数値は、おヘソの断面図の黒い部分(脂肪)の面積をはかるそうです。

黒い部分が脂肪

ブログで紹介したいので、無理言ってスマホで撮影してもらいました。

(後日、CD-Rでデータをもらえるようですが)

 

真っ黒ですね。

 

 

この面積が10,000平方ミリくらいが標準だそうなのですが、私の場合は

30,000平方ミリをオーバー

してました(汗)

黄色い部分が数値です

 

ダイエット成功時に再度同じ写真を撮って、どれくらい改善したのか比べてみようと思っています。

 

まとめ

検査の結果、先生の結論として

  • 心臓以外の部分はすべて肥満からきている可能性が高い。
  • とにかく痩せて、内臓脂肪を減らしなさい!

とのこと。

 

そのために

  • 有酸素運動する
  • アルコールを控える

と、当たり前のことを当たり前のように言われました。

 

まあ、自分でもわかってたんですけどね(笑)

 

改めて、ダイエットに対するモチベーションを上げていただいた検査になりました。

 

先生に

「ダイエット成功後、再度検査に来て驚かせて見せます」

と宣言してきたので、ダイエット頑張りたいと思います!

SNSでもご購読できます。